固定ページのパーマリンクにも拡張子(.html) を付けたい

どうも、KoMAです。

パーマリンクの設定について、以前記事を書きましたが、WordPress のパーマリンク設定は投稿(記事)用の設定なので固定ページには適用されません。

あわせて読みたい記事
どうも、KoMAです。 今日はパーマリンクについて、解説してみようと思います。 パーマリンクは WordPress の設定に出てくる...

ただ、ぼくはファイル名には拡張子を付けたい派なので、固定ページにももれなく拡張子が付けたいと思う方です。

もちろん、付けないこともありますが・・・

それはさておき今回は固定ページのファイル名にも拡張子(.html)をつける方法をご紹介しようと思います。

手軽なのはプラグインを使ってしまう方法

昔は WordPress のコードをいじって対応していましたが、最近はもっぱらプラグインに頼っています。

そのプラグインが「Custom Permalinks」です。

このプラグインを使えば、WordPress のパーマリンク設定を無視して、投稿・固定ページごとにパーマリンクの設定を変更できるので重宝しています。

この記事は、こういうパーマリンクにしたいということが、たまーにある(あった)んです。中古ドメインの下層ページに被リンクがあって、そのURLを復元したいというときですね。

自分が作ったサイトのパーマリンク構造と違う場合、そのままではそのURLを再現することができません。

でも、このプラグインを使えば、簡単にできるわけ。

まあ、そんなこと、今じゃやらないですけどね。

Custom Permalinks で拡張子をつける

まず「Custom Permalinks」をインストールして、有効化してください。初期設定はありません。

プラグインのインストール方法がわからない人は、こちら ↓↓

あわせて読みたい記事
どうも、KoMAです。 今回は WordPress のプラグインのインストール方法を解説しようと思います。 まあ、正直、あまり需要は...

拡張子を付けたい、またはパーマリンクを変更したい投稿・固定ページの編集画面を開きます。

タイトルのすぐ下にあるパーマリンクの部分が編集可能になっています。ここを編集するだけ。

拡張子どころか、ディレクトリを追加・変更することも可能です。編集したら、[更新]ボタンをクリックすることを忘れずに。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カテゴリーとタグの上手な使い分け。重複のない分け方とは?

WordPressのウィジェットとは?

WordPressのウィジェットとは、何か? 基本的な使い方を教えます。

WordPressのパーマリンク設定のおすすめは?その理由とは?

HTMLタグがそのまま表示される

HTMLタグがそのまま表示される。勝手に書き換えられるとき

リビジョン画面の右と左、どっちが現在の記事?

メニュー機能を使って、リンクを整理してみよう