WordPressのサイトアドレス変更後からログインできないときの対処法

サイトアドレスを変更したらWPにログインできなくなった

どうも、スマコマのコマ太郎です。元気もりもり

今回は、よくあるトラブルである、誤って WordPress のサイトアドレスを変更してしまいログインできなくなってしまったときの対処法をご紹介しようと思います。

サイトアドレスの設定箇所

サイトアドレスの設定箇所

上記、箇所は不用意に変更すると Not Found エラーが表示され WordPress にログインできなくなります。

記事を書く前に検索してみたところ、wp-config.php を編集しサイトアドレスを強制する方法ばかりがヒットしたのですが、この方法は実は恒久的な解決策ではありません。

確かにログインはできるようになりますが。wp-config.php を編集する方法は一時的な対処法で、ちゃんと直したいときには意味がありません。どちらかと言えば変更をテストするときなどの方法です。

そこでこの記事では、恒久的に修正する方法として2つご紹介しようと思います。

方法1)phpMyAdmin を使ってサイトアドレスを修正する

たぶん一番楽なのが、phpMyAdmin を使ってデータベースを直接修正する方法です。

ただ直接データベースを修正するので、間違ったときは取り返しがつきません。必ずバックアップを取ってから操作を行うようにしましょう。バックアップと復元方法は、こちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい記事
どうも、スマコマのコマ太郎です。 今回は、WordPressのデータベース部分だけバックアップする方法をご紹介しようと思います。 記...
あわせて読みたい記事
phpmyadminを使ってデータベースのみを復元する
どうも、スマコマのコマ太郎です。 今回は、phpMyAdmin を使って WordPress のデータベースを復元する方法をご紹介します。...

この先は、バックアップが用意できてから行ってください。

では、phpMyAdmin を起動しログインします。

phpMyAdmin の画面

phpMyAdmin の画面

WordPress で使用しているデータベースを選択し、[wp_options] を選択します。※接辞語を変更している場合は、wp_ の部分が違っています。

もしどのデータベースが該当のものかわからないときは、FTPソフトを使って wp-config.php を開いて確認してください。

wp-config.php の例

wp-config の例

↑ 矢印部分がデータベース名です。phpMyAdmin で、このデータベース名を選択してください。

phpMyAdmin で修正する箇所

phpMyAdmin で修正する箇所

右ウィンドウにある siteurl と home の部分が問題の箇所になります。変更してしまったアドレスが入っている方の左にある [編集] をクリックします。もし両方変更してしまっている場合は、両方修正してください。

サイトアドレスを修正する

サイトアドレスを修正する

間違って変更してしまった URL を修正し [実行] をクリックします。※アドレスの最後に / (スラッシュ)はつけないでください。

siteurl と home の両方が正しく修正出来たら完了です。実際にホームページを表示してみましょう。

方法2)functions.php を編集して修正する方法

もう1つの方法は functions.php を編集する方法です。こちらは多少手間ですが、データベースを直接編集しない分、多少は安全かと思います。

では、まず FTPソフトを使って WordPress がインストールされている場所にアクセスします。ここでは FFFTP を使って説明します。またこの先でテキストエディタを使用します。おすすめのテキストエディタは、TeraPad です。入っていない場合、先にインストールしておいてください。

FFTPの基本操作については分からないときは、こちらもあわせてご覧ください。

あわせて読みたい記事
どうも、スマコマのコマ太郎です。 今日はFTPソフト(FFFTP)の使い方を記事にしてみようと思います。 WordPress を使っ...

FFFTP で WordPress フォルダにアクセス

FFFTP で WordPress フォルダにアクセス

WordPress がインストールされている場所はレンタルサーバーや初期の設定によって違いますので、そこは読み替えてください。

functions.php は、使用しているテーマフォルダの中にありますので、wp-content を開きます。

functions.php の場所

functions.php の場所

さらに themes を開き、あなたが使用しているテーマを開いてください。(現在開いているフォルダは上図の1)その中にある functions.php を選択し(2)ダウンロードボタン(3)をクリックし、ダウンロードします。

functions.php を開く

functions.php を開く

左ウィンドウにある functions.php をメモ帳以外のテキストエディタで開きます。メモ帳で編集保存をすると文字化けの原因になるので避けてください。TeraPad がインストールされていれば、上図の矢印のファイルで右クリックすると [TeraPadで開く] というメニューが追加されるので、それを実行してください。

コードを追加する位置

コードを追加する位置

上図の矢印の位置に以下のコードを追記します。(最初にある <?php の次)

update_option(‘siteurl’,’http://example.com’);
update_option(‘home’,’http://example.com’);

※ example.com はあなたの WordPress のアドレスに変更してください。最後に / (スラッシュ)はつけないでください。SSL化してある場合は、https:// に変更してください。

コードを追記したらファイルを保存します。当然、この記述が間違っていると動きませんので注意深く作業してくださいね。

functions.php をアップロードする

functions.php をアップロードする

保存した functions.php を選択し、アップロードボタンをクリック。上書きで実行します。

作業が完了したら、WordPress にログインしてみましょう。上手く表示されない場合は、スーパーリロード(強制更新)を試してみてください。

あわせて読みたい記事
ページの表示が更新されないときはスーパーリロードする
どうも、スマコマのコマ太郎です。 今日はブログを書く人には覚えておいてほしいブラウザの更新ボタン(F5キー)のお話です。 ブログのデ...

ログインできたら、次に先ほど追記したコードを削除する必要があります。

functions.php を開く

functions.php を開く

functions.php(上図左側) を再度、TeraPad で開き、先ほど追記したコード部分を削除し保存してください。

functions.php をアップロードする

functions.php をアップロードする

保存した functions.php を選択し、アップロードボタンをクリック。再度、上書きでアップロードを実行します。

WordPress にログインしてみましょう。問題がなければ、これで作業は完了です。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SQL STATE エラーで動かない

Search Replace DB V3.1 でSQLSTATE [2054] ...

問題を切り分ける

プラグインが機能しない!そんなときは問題を切り分けることから始める

SSL化したのにアドレスバーに「保護されてない通信」と表示される

SSL化したのにアドレスバーに「保護されてない通信」と表示される問題

WordPress で HTTPエラーが発生するとき

WordPressで画像をアップするとHTTPエラーが発生するときの対処法

search regex でエラーが発生

WordPress がプラグイン Search Regex でエラーを捉えました...

すぐ熱暴走するからグラボのファン交換をした

NVIDIA GTX750Tiチップ搭載のASUSのグラボが熱暴走するので798...