プラグインが機能しない!そんなときは問題を切り分けることから始める

問題を切り分ける

どうも、スマコマのKoMAです。

WordPress のプラグインを使ってサイトを作っていると、たまに思ったように機能しないときがありますよね。

そんなときに役立つのが問題を切り分けることです。

問題を切り分けるとは、どこに問題があるのかを見極めるために行うトラブルシューティング手法の1つです。

問題の場所が分からなければ、対処のしようがありませんからね。逆に問題を引き起こしている箇所がわかれば、問題解決の道が一気に開けるので、解決の糸口が見えない時は切り分けることを試してみてください。

問題を切り分ける

テーマやプラグインで問題が起きたときは、まずはそのテーマやプラグインを疑ってください。

エラーが出ているのであれば、そのエラーで検索をかけてみましょう。このときエラーメッセージは一言一句違わず同じもので検索をかけるのがポイントですよ。

また掲示板に投稿して聞くときもエラーメッセージは正確に入力することをおすすめします。

これで問題が解決できればよいのですが、どうにも問題の原因が分からない。そんなときは、テーマやプラグインの競合を疑ってみましょう。

競合とは、お互いに機能がぶつかり合って上手く動かない状態のことを言います。似たような機能のプラグイン同士で起きやすいですね。

テーマを変更してみる

まずはテーマを疑ってみましょう。最近のテーマは高機能になっているので、意外と競合が起きるものです。

また本来はプラグインから切り分けたいところですが、プラグインは複数あるので手間がかかります。しかしテーマは常に1つだけなので、まずはテーマの切り分けから行います。

[外観]-[テーマ] で別のテーマに変更してみましょう。デフォルトのテーマあたりで試してみるのがよいでしょう。

テーマを変更してみて、問題が解決したかを確認します。問題が解決していれば、使っているテーマと競合していたことが分かります。

もし問題が解決されなければ、元のテーマに戻してください。

どのプラグインと競合しているか切り分ける

ステップ1

では次にプラグインを疑います。切り分けるために一旦、問題のプラグインを除いた、残りのプラグインすべてを停止します。

この状態で、機能が動くか確認します。もし問題の機能が動かないなら、テーマやプラグインとの競合ではないことが分かります。

もし動くようなら、停止したプラグインのいずれかと競合していることが疑われますので、さらに次のステップに進みます。

ステップ2

続いて、停止したプラグインのいずれか1つだけ有効化し機能が動くか確認します。

動かなければ、今有効化したプラグインと競合していたことが分かります。

もし機能が問題なく動くようなら、もう1つ別のプラグインを有効化し、状態を確認します。

あとは1つ1つ同様の操作を繰り返し、競合しているプラグインを見つけます。

競合するテーマ、プラグインが見つかった場合

テーマ、プラグインとの競合が見つかった場合、いずれかを選択する必要があります。

テーマとの競合では、なかなかテーマを変えるというわけにもいかないと思います。その場合、新しく追加し競合したプラグインを諦めるか、別のプラグインを探す必要があるでしょう。

またプラグイン同士で競合を起こしていた場合は、新しく追加したプラグインを変更するか、もともと利用していたプラグインを変更するかを検討してみましょう。

まとめ

この記事では競合を起こしているプラグイン、テーマを切り分ける(見極める)方法をご紹介しました。

競合はときどき起きるので、切り分け方法を理解しておくとトラブルになったとき、慌てず対処できるようになりますよ。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ボタンが機能しないのでCSSで消した

SiteOrigin Post Carousel のボタンが機能しないぞ

サイトアドレスを変更したらWPにログインできなくなった

WordPressのサイトアドレス変更後からログインできないときの対処法

SQL STATE エラーで動かない

Search Replace DB V3.1 でSQLSTATE [2054] ...