初心者のためのFFFTPの基本的な使い方。注意点などを交え初期設定から解説

どうも、スマコマのコマ太郎です。元気もりもり

今日はFTPソフト(FFFTP)の使い方を記事にしてみようと思います。

WordPress を使っているとFTPソフトを使うシーンは、あまりありませんが、それでもたまに必要になります。

多くのレンタルサーバーでは、ウェブ版のファイルマネージャー(FTPソフト)を提供しており、それを使っている人もいると思いますがレンタルサーバーごとに使い勝手が違うため、覚えるのも大変かもしれません。

その点、FTPソフトならどのレンタルサーバーでも共通して使えるので便利です。

FTPソフトにもいくつか有名なものがあります。FFFTPがもっとも有名だと思いますが、それ以外にFilezillaやWinSCPなどがありますね。

FFFTPは過去ウィルスに狙われた経緯があり、ユーザー離れが起きましたが現在は改修されているので問題ありません。

何より、やはり大定番ソフトというだけあってウェブの情報も豊富、レンタルサーバーの説明ページもたいていFFFTPで作られています。なお FFFTP は Windows版しかありません。Macの人は Filezilla を使ってる人が多いようですよ。

長くなったので目次を置いておきます。

FFFTPの準備

FFFTPをインストールする

FFFTPは、下記サイトからダウンロードしてインストールしてください。

https://ja.osdn.net/projects/ffftp/

FFFTP公式サイト

FFFTP公式サイト

[ダウンロード]欄にある最新版のFFFTP(画面ではffftp-2.00.exe)をダウンロードして、実行すればインストールが始まります。画面の指示に従えば、インストールは完了です。

FFFTPの設定

FFFTPの画面

FFFTPの画面

FFFTPを起動した画面です。左上にある赤いコネクタ(接続)のアイコンをクリックします。

FFFTPの接続先一覧

FFFTPの接続先一覧

するとホスト一覧が表示されます。これは接続する先の一覧です。まだ設定がありませんので空っぽですね。

まず新規ホストをクリックします。

FFFTPの基本設定

FFFTPの基本設定

この画面でレンタルサーバーから送られてきたFTP情報を入力します。

ホストの設定名 先ほどのホスト一覧に表示されます。自由につけることができます。例えばエックスサーバーならエックスサーバーと入れればOKです。
ホスト名 レンタルサーバーから割り当てられたFTPサーバー(ホスト)名を入れます。
ユーザー名 レンタルサーバーから指定されたFTPユーザー名を入れます。
パスワード FTPパスワードを入力します。
ローカルの初期フォルダ 接続した際のパソコン側の初期フォルダを指定します。ホームページのデータが入っている場所を指定しておくと便利です。右にある[…]アイコンをクリックして指定します。
ホストの初期フォルダ 接続した際のレンタルサーバー側の初期フォルダを指定します。初めは空でOKです。
暗号化の設定へ

続いて [暗号化]タブをクリックします。

暗号化の設定

暗号化の設定

以下、2つのチェックを外します。

・暗号化なしで接続を許可
・FTPS(Implicit)で接続

設定が終わったら、[OK] をクリックします。

サーバーに接続する

FFFTPの画面

FFFTPの画面

左上にある赤いコネクタ(接続)のアイコンをクリックします。

ホスト一覧

ホスト一覧

接続するホストを選択し、[接続]ボタンをクリックします。

証明書の確認画面

証明書の確認画面

初回接続時に証明書の確認画面が表示されることがありますが、[OK] をクリックします。

暗号化の状態の保持

暗号化の状態の保持

[はい] をクリックします。

接続済みの画面

接続済みの画面

右側のペイン(枠)にファイルやフォルダが表示されていれば接続が完了しています。

切断

左上部にある×が付いたコネクタアイコンをクリックすることで切断することができます。作業が終わったら、最後切断しましょう。

FFFTPの基本的な使い方

FFFTPの画面説明

ここではよく使う箇所を説明します。

FFFTPの画面説明

FFFTPの画面説明

FFFTP画面の左側ペイン(ウィンドウ)には、パソコン側のフォルダが表示され、右側は接続したサーバー側のフォルダが表示されます。

画面上部にアイコン群がありますが、上向き矢印のアップロードボタンと下向きのアップロードボタン。あと表示しているフォルダより上の階層に移動するためのボタン。

普段使うのは、この3つのアイコンだけかな。あとは通常の流れの中ではほぼ使わないです。

ファイルをアップロードする

FFFTPの画面

ファイルをアップロードする

アップロードするファイルを選択した状態で、[アップロード]ボタンをクリックすることでファイルをアップロードすることができます。

また、パソコン上にあるファイルなら、直接ドラッグ&ドロップすることでもアップロードすることができます。

サーバー上のファイルを編集する

サーバー上にあるファイルは直接編集することができません。(操作出来てしまいますが、実際には更新されません)

ファイルを編集するには、一旦パソコンにダウンロードしてから編集し、アップロードし直す必要があります。

さらにデフォルトの設定で編集ソフトがnotepad(メモ帳)になっているのですが、メモ帳を使うとエンコードの問題で文字化けを起こします。

ですからまずは編集ソフトの設定を変更します。編集ソフトはshift-jis, euc, utf-8 に対応しているものなら何でもいいです。おすすめは、フリーソフトの terapad です。

https://tera-net.com/library/tpad.html

以降、terapad か、他のテキストエディタが入っているとして話を進めます。

デフォルトのままだと

既定の設定だとnotepad

編集したいファイルを右クリックするとメニューに notepadで開くと出ますが、これは使わないでください。

ビューワを変更する

ビューワを変更する

上部にあるメニューから [オプション]-[環境設定] をクリックし、[ツール]タブをクリックします。

ビューワで表示と編集するソフトを指定できます。デフォルトでは、ここが notepad になっていますので、右にある […] をクリックして編集ソフトを変更してください。

terapad ならインストール先を変更していなければ、 C:\Program Files (x86)\TeraPad\TeraPad.exe に入っていますので指定します。これで事前の準備は完了です。

ファイルのダウンロード

ファイルのダウンロード

編集したいファイルを選択し、[ダウンロード]ボタンをクリックします。

ファイルを編集する

ファイルを編集する

編集するファイルを選択し、右クリック。[terapad.exe で開く] をクリックすれば TeraPad が起動しファイルを編集することができます。

ファイルの編集が完了したら、上書き保存してください。

ファイルをアップロードする

ファイルをアップロードする

アップロードするファイルを選択し、[アップロード]ボタンをクリックします。

アップロードの確認画面

アップロードの確認画面

アップロード先に同じファイルがあると確認画面が表示されます。

編集したファイルなので、[上書き] を選択し [OK] をクリックすればアップロードが完了します。

FFFTPの基本的な使い方のまとめ

FTPソフトの大定番である FFFTP の基本的な使い方と注意しておきたいポイントなどを交えながら、説明してみました。

たぶん、これだけ知っていれば FFFTP は問題なく使えるはずです。

何か不明な点があれば、お気軽にコメント欄よりお寄せください。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホサイトの表示を確認する

パソコン(PC)でホームページをスマホサイト表示にする方法

アクセス解析研究所

1つのタグで複数サイトのデータを監視できる広告なしのアクセス解析

PDFファイルをまるごと翻訳できるサイト

英語のPDFファイルを丸ごと日本語に翻訳できる無料サイト

パソコンとスマホでデータをやり取りする

PCからスマホ(逆も)にLINEで自分だけに文字やURLを送る方法

WordPressサイトが利用しているテーマ名を調べる方法

WordPressサイトが利用しているテーマ名を調べる方法