WordPressのデータベース部分だけをphpMyAdminでバックアップする方法

どうも、スマコマのコマ太郎です。

今回は、WordPressのデータベース部分だけバックアップする方法をご紹介しようと思います。

記事内の文字列置換前に念のために取るくらいしか今は需要がないかもしれませんが、念のため書いておきます。ああ、あと何かしらの不具合が出て WordPress が使えなくなった場合にも使えるかな。

なおWordPress全体(WP本体やメディアデータ、テーマ、プラグインごと)をバックアップする方法は、こちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい記事
どうも、スマコマのコマ太郎です。 今日は WordPress のバックアップと復元方法をご紹介します。 普段、あまり取らないバックア...

さて、この記事で扱うのは、MySQL を使っている場合で、もしデータベースとして MariaDB を使っているなら、この記事は該当しませんのでご注意を。

まあ、普通ならほぼ MySQL を使っているはずですけどね。

phpMyAdmin を使ってバックアップする

MySQL のデータベースのバックアップには、phpMyAdmin というツールを使います。

MySQL が使えるレンタルサーバーなら、通常、このソフトが使えます。むかしは自分でインストールする必要がありましたが、今はほぼどのレンタルサーバーでも最初からインストールされていますね。

レンタルサーバーの管理画面にログインすると、メニューの中に phpMyAdmin と書かれているので、そこから phpMyAdmin を起動してください。

phpMyAdminの画面

phpmyadmin の管理画面

phpMyAdmin画面の左にあるメニューから、WordPress で利用しているデータベースを選択します。上図はエックスサーバーの例です。1番はアカウント名、2番はデータベース名です。レンタルサーバーによっては1番の位置にデータベース名が並んでいることもあります。

右ウィンドウに WordPress のテーブルが表示されたら[エクスポート]をクリックします。

もしどのデータベースが該当のものかわからないときは、FTPソフトを使って wp-config.php を開いて確認してください。

wp-config.php の例

wp-config の例

↑ 矢印部分がデータベース名です。phpMyAdmin で、このデータベース名を選択してください。図の内容は例です。ダミーなので、いたずらしないでね。

バックアップを実行する画面

phpmyadminでバックアップ

WordPress のデータなので [エクスポート方法] は [簡易] で問題ありません。[実行] をクリックして保存先を指定すればデータベースがバックアップされます。

バックアップしたファイル

バックアップファイルは、テキスト形式のファイルですから開いて確認することも可能です。ただしエンコードの問題とファイルサイズの問題があるので、メモ帳では開かないでください。中身を確認するなら、TeraPad などのフリーソフトを使いましょう。

ファイルをドラッグ&ドロップして開く

なおファイルの関連付けがないので、通常はファイルをダブルクリックしても開くことができません。TeraPadなどを起動し、そのソフトの上にファイルをドラッグ&ドロップすることで開くことができます。

また開いた後、不用意に保存はしないでください。エンコードを間違うと文字化けの原因となります。

バックアップしたファイルから復元する方法は、下記の記事に書きました。

あわせて読みたい記事
phpmyadminを使ってデータベースのみを復元する
どうも、スマコマのコマ太郎です。 今回は、phpMyAdmin を使って WordPress のデータベースを復元する方法をご紹介します。...

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

phpmyadminを使ってデータベースのみを復元する

phpMyAdminでWordPressのデータベースを復元する方法

ZIPファイルでダウンロードしたプラグインをインストールする方法

どんどん増えてる!記事のリビジョン回数を制限したい

プラグインをFTPソフトを使ってアップロードするには?