プラグインをFTPソフトを使ってアップロードするには?

どうも、スマコマのKoMAです。

今回は WordPress プラグインを FTPソフトを使ってアップロードする方法をご紹介しようと思います。

通常プラグインは WordPress の管理画面から直接インストールできますが、何らかのトラブルがあってインストールできない場合、応急処置的に FTP でアップロードして対応することがあります。

ほぼ使いませんが、一応記事に起こしておきます。

FTPでアップロードする

FTPでアップロードする場合、ZIPファイルは展開しておきましょう。

ZIPファイルを展開する

次に FTPソフトを使ってファイルをアップロードします。アップロードする先は、WordPress をインストールしたディレクトリの下にある

/wp-content/plugins/

です。ここに先ほど展開したプラグインのフォルダごとアップロードします。

FTPソフトでアップロードする

アップロードが完了したら、WordPress にログインして、[プラグイン]-[インストール済みプラグイン] をクリックします。

いまアップロードしたプラグインの名前があるはずです。そのプラグインの [有効化]ボタンをクリックすればインストール完了です。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

どんどん増えてる!記事のリビジョン回数を制限したい

ZIPファイルでダウンロードしたプラグインをインストールする方法

phpmyadminを使ってデータベースのみを復元する

phpMyAdminでWordPressのデータベースを復元する方法

WordPressのデータベース部分だけをphpMyAdminでバックアップする...