phpMyAdminでWordPressのデータベースを復元する方法

phpmyadminを使ってデータベースのみを復元する

どうも、スマコマのコマ太郎です。

今回は、phpMyAdmin を使って WordPress のデータベースを復元する方法をご紹介します。

当たり前ですが復元を実行するには、すでに MySQL データベースのバックアップがあることが前提です。

データベースのバックアップの取り方はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい記事
どうも、スマコマのコマ太郎です。 今回は、WordPressのデータベース部分だけバックアップする方法をご紹介しようと思います。 記...

※復元するにはデータベースを一度削除する必要があります。以下操作は最新の注意を払って実行すること、また自己責任でお願いします。

phpMyAdmin を使ってデータベースを復元する

phpMyAdmin を使ってデータベースを復元するには、今現在のデータベースを一度消す必要があります。

何かしらの事情があって復元をしようと思っていると思いますが、上記理由からこれからの操作を行う前に今一度バックアップを取っておくことを強くお勧めします。

あわせて読みたい記事
どうも、スマコマのコマ太郎です。 今回は、WordPressのデータベース部分だけバックアップする方法をご紹介しようと思います。 記...

再度バックアップが取られたことを前提に話を進めます。

では、まずは phpMyAdmin を起動してください。

phpMyAdmin の画面

復元するデータベースを選択する

phpMyAdmin の左にあるツリーで、WordPress のデータベースを選択します。(データベースを選択することが重要です)上図ではもっとも基本的な WordPress のテーブルが表示されていますが、追加したプラグインによってはテーブルが増えているはずです。

一度、すべてのテーブルを削除する

復元するにはデータベースを空にする必要がありますので、一度すべてのテーブルを削除します。削除するには対象のテーブルを選択する必要がありますが表の下部にある [Check all] をクリックすると一度に選択でき便利です。

続いて [チェックしたものを:] のリストから、[削除] を選択します。

テーブルの削除を実行する

警告が表示されますが、[はい] を選択します。これでテーブルをすべて削除することができます。

削除が完了したら、上部にある [インポート]タブをクリックしてください。

phpMyAdmin のインポート画面

データベースを復元する

[ファイルを選択] をクリックして、バックアップしたファイルを選択します。オプションは特に変更しなくて大丈夫です。[実行] をクリックして復元を実行します。しばらくするとデータベースの復元が完了します。

もしエラーが出るようなら、そのエラーで検索してみましょう。エラーメッセージはコピペして、”(ダブルクォーテーション)で括って検索するのがミソです。(”エラーメッセージ”)こうすることで完全一致で検索することができ、求める情報がヒットしやすくなります。

よくあるミス

データベースが選択されているか確認する

実行している場所がデータベースではなく、テーブルだったというボンミスなんかは、ありがちですね。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

どんどん増えてる!記事のリビジョン回数を制限したい

WordPressのデータベース部分だけをphpMyAdminでバックアップする...

ZIPファイルでダウンロードしたプラグインをインストールする方法

プラグインをFTPソフトを使ってアップロードするには?