超簡単なWordPressの引越し(サーバーの乗り換え)手順

どうも、スマコマのコマ太郎です。元気もりもり

今日は WordPress の引越し(サーバーの乗り換え)について書いてみようと思います。

まず知っておいてほしいのが WordPress がどんなファイルで構成されているのかということです。

まあ、これから紹介するプラグインを使うなら、知らなくてもいいのですが、知っておいて損はないはず(笑)

で、WordPress は、以下のようなファイルで構成されているのです。

  • WordPress 本体
  • インストールしたプラグイン
  • インストールしたテーマ
  • 記事データ
  • メディアデータ(画像など)

サーバーを乗り換えるには、WordPressを新たにセットアップした上で、テーマ以下のファイルをFTPソフトなどでダウンロードして持ってくる必要がありました。

本体やプラグインは新規ファイルでもいいですが、テーマをカスタマイズしているなら、データを持ってこないとデザインが崩れてしまうのですね。

さらにメディアファイルなど多量にあるとFTPソフトでダウンロードするのも大変で、途中で止まってしまうこともしばしば。データを欠損させるわけにはいかないので、何度もトライすることも。

まあ、これが結構、面倒で・・・

でもね。

今は便利なプラグインがあって、ポンっと出来ちゃいます。

めちゃくちゃ簡単です。

超簡単、WordPressのお引越し手順

  1. WordPress とプラグインを最新にする
  2. プラグイン「All-in-One WP Migration」をインストールする
  3. 「All-in-One WP Migration」で、データをエクスポートする
  4. 移設するドメインのネームサーバーを変更する
  5. 移設先のレンタルサーバーでドメインの設定を行う
  6. 新しいサーバーに WordPress をインストールする
  7. プラグイン「All-in-One WP Migration」をインストールする
  8. 「All-in-One WP Migration」で、3番でエクスポートしたデータをインポートする

これだけです。

データのエクスポート、インポートが1回の操作で終わってしまうのが、このプラグインの凄いところ。

エクスポートしたファイルには、記事データだけでなくプラグイン、メディアファイル、さらにテンプレートまで入っているんです。

超便利なので重宝しています。

All-in-One WP Migration

1.WordPress とプラグインを最新にする

まずは WordPress とプラグインを最新版にしましょう。これはバージョンの食い違いによる不具合を防ぐためです。

WordPress とプラグインの更新は、[ダッシュボード]-[更新] から実行できます。

WordPress を更新する画面

WordPress を更新する画面

WordPress本体は、[今すぐ更新]ボタンをクリックすることで実行できます。プラグインは、画面下にあるプラグインにすべてチェックを入れて [プラグインを更新]ボタンから実行します。

2.プラグイン「All-in-One WP Migration」をインストールする

[プラグイン]-[新規追加] をクリックし、右上にある検索枠に「all in one wp migration」と入力します。↓

All-in-One WP Migration

All-in-One WP Migration

↑ 検索結果に表示された「All-in-One WP Migration」の [今すぐインストールする]ボタンをクリックする

3.「All-in-One WP Migration」で、データをエクスポートする

[All-in-One WP Migration]-[エクスポート] をクリック。さらに [エクスポート先]-[ファイル] をクリックし、ファイル名を決めてエクスポートを実行する。

エクスポートする場所は、見つけやすいデスクトップがいいでしょう。

データをエクスポートする

データをエクスポートする

4.移設するドメインのネームサーバーを変更する
5.移設先のレンタルサーバーでドメインの設定を行う
6.新しいサーバーに WordPress をインストールする

4-6は、WordPress を新規にインストールする手順と同じです。このときセットアップする WordPress は、仮のものなのでブログタイトル、ユーザー名、パスワードも適当で構いません。

ぼくはよく、メールアドレス以外は、すべて「a」でセットアップしてしまいます(笑) バックアップを復元すれば、仮のユーザーも消えてなくなるのでセキュリティを心配する必要はありません。

7.プラグイン「All-in-One WP Migration」をインストールする

新しくセットアップした WordPress にも「All-in-One WP Migration」プラグインをインストールします。必要なプラグインはこれだけです。

他のプラグインは何一つ入れる必要がありません。バックアップから復元すれば、他のプラグインは自動的に復元されます。

8.「All-in-One WP Migration」で、3番でエクスポートしたデータをインポートする

[All-in-One WP Migration]-[インポート] をクリック。さらに [インポート元]-[ファイル] をクリックし、バックアップファイルを選択して実行すれば作業は完了です。

データをインポートする

データをインポートする

※バックアップファイルが大きくてアップロード制限に引っかかるときは、PHP.ini を編集して対応してください。(通常レンタルサーバーの管理画面で編集できます)編集する箇所は、post_max_size と upload_max_filesize です。値が小さいほうを参照しているようなので、両方同じ値にしてください。たいていのレンタルサーバーではデフォルトが 30M なので、これを例えば、60M にすれば 60メガバイトまでアップロードできるようになります。

確認作業として、サイトを表示してみる。WordPress に以前のユーザー名でログインしてみて問題がなければ終了です。

まとめ

「All-in-One WP Migration」プラグインのお蔭でバックアップもサーバーの移設・移行も簡単にできるようになりました。

このプラグインに出会う前は、データベースサーバーからデータを直接バックアップして、新しいデータベースに復元するという作業が必要でした。

作業自体、むずかしいわけではありませんが、比較的エラーが出やすくなれないと戸惑うことも多かったです。

このプラグインのお蔭で誰でも簡単に移行できるようになって、本当に重宝しています。ぜひ使ってみてくださいね。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サイドバーに追加したウィジェットのデザインが合わない

サイドバーに追加したウィジェットのデザインが合わないときに使えるプラグイン

WordPressのエディタだけバージョンアップ前に戻し、以前のビジュアルエディ...

体験記事にリンクを自動挿入する

体験記に最適!記事内にリスト型リンクを自動で追加できるプラグイン

見ている記事と同じカテゴリーの記事一覧をサイドバーに表示できるプラグイン

All In One WP Security

Securityプラグインを入れてセキュリティ対策(初心者向け)

ユーザー名を偽装する

WordPressのログイン ユーザー名をセキュリティ向上のため隠すには?