WordPressでXMLサイトマップを作成するなら、このプラグイン

XMLサイトマップを作成するプラグイン

どうも、スマコマのコマ太郎です。

このページでは、WordPress で XMLサイトマップを作成する方法をご紹介しようと思います。

サイトマップとは、サイトのページURL情報を集めたファイルでロボット用のXMLファイルと人が見る用のHTMLファイル形式の2つがあります。

このページでは Google Search Console などで利用する XML形式のサイトマップについてお話しますね。

あわせて読みたい記事
HTMLサイトマップを用意してみよう
どうも、スマコマのコマ太郎です。 前回、サイトマップには、主にクローラー用になるXMLサイトマップと、ユーザーのためのHTMLサイトマップ...

XMLサイトマップを作るなら、このプラグイン

XMLサイトマップを作るならプラグインを利用するのが楽です。

中でもよく利用されているのが「Google XML Sitemaps」プラグインです。細かな設定もできるので重宝します。

Google XML Sitemaps をインストールする

まずは「Google XML Sitemaps」プラグインをインストールしてください。

プラグインのインストール方法がわからなければ、こちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい記事
どうも、スマコマのコマ太郎です。 今回は WordPress のプラグインのインストール方法を解説しようと思います。 まあ、正直、あ...

Google XML Sitemaps の設定をする

デフォルトの設定のままでも利用できますが、設定の意味とおすすめの設定をご紹介します。

では WordPress の管理画面にログインし、左にあるメニューの [設定]-[XML-sitemap] をクリックしてください。

基本的な設定

まず [基本的な設定] 項目です。

XMLサイトマップを Google Search Console で利用するなら [HTML形式のサイトマップを含める] のチェックは外すことをおすすめします。この設定がオンになっているとカバレッジでエラーが発生します。どのようなエラーかは以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい記事
どうも、スマコマのコマ太郎です。 今回はグーグル サーチコンソールのエラーの中で比較的、多く見かけるインデックス カバレッジの noind...

そのほかはデフォルトのままで大丈夫です。

Sitemap コンテンツ

[Sitemap コンテンツ] では、XMLサイトマップに含める投稿タイプを選択します。

あなたのサイトで利用している投稿タイプを選択してください。上図はこのサイトの設定です。投稿者はぼく1人なので投稿者は含めていません。また月別アーカイブも利用していないので含めていません。

最後の [最終更新時刻] は重要な項目で、Google Search Console で利用するなら必ず含めましょう。これを Google は読んでいます。

Excluded Items

次は、[Excluded Items] です。ここでは除外するカテゴリーと投稿を設定します。

カテゴリー項目は必要に応じて設定してください。このサイトでは未分類を除外しています。

[投稿 (個別記事) を含めない] で、除外する記事を指定します。指定するには記事IDを入力します。複数入力するなら、[,] 半角カンマで区切ります。

記事IDの調べ方

記事ID を調べるには、その記事の編集画面を開きます。そのときのURLに記事IDが表示されています。post=に続く数字が記事IDです。

このサイトではプライバシーポリシーのページを除外しています。

Change Frequencies

[Change Frequencies]では、更新頻度を指定します。デフォルトのままでも構いませんが、このサイトではクローラーに出来るだけ来てほしいので、すべて毎日更新としています。

優先順位の設定 (priority)

最後の [優先順位の設定 (priority)] は、優先順位を設定します。しかしグーグルは、この値を参考にしていません。デフォルトのままで OK です。

まとめ

WordPress で XMLサイトマップを生成する方法として、「Google XML Sitemaps」プラグインをご紹介しました。

サイトを運営するにあたって Google Search Console は必須のサービスで、Google Search Console を使うためには、XMLサイトマップが必要になります。

「Google XML Sitemaps」プラグインは、XMLサイトマップ系プラグインの中でもっとも人気のあるプラグインで、ほぼ必須プラグインと言えますね。

ただ、1か所だけそのままではカバレッジでエラーが出てしまうので、このページで紹介した設定に変更してくださいね。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

手軽に画像ファイルを更新したい!そんなときに使えるプラグイン

トップページをおしゃれに自作カスタマイズしたいなら、このプラグイン

増えてしまったリビジョンを一括で削除し、最適化できるプラグインWP-Optimi...

WordPress を簡単にバックアップして復元できるプラグイン

画像をクリックしても Easy FancyBox が機能しない!

画像をポップアップ表示させるプラグイン

画像をクリックするとポップアップさせ、閉じるボタンも表示するプラグイン