同じカテゴリーで使われているタグをサイドバーに表示させるプラグイン

同じカテゴリーで使われているタグを表示させるプラグイン

どうも、スマコマのコマ太郎です。元気もりもり

前回、「見ている記事と同じカテゴリーの記事一覧をサイドバーに表示できるプラグイン」という記事を書きましたが、タグバージョンのプラグインというものも存在します。

タグクラウドは、1記事に2つも3つも設定するので数が膨大になりがちです。そこである程度、制限をしたいのですが単に数で切るのはあまり賢くありません。

読み手の興味を考えるなら、できるだけ見ている記事に近い、関連性のあるものに限定したいわけです。

そこで使いたいのがこれから紹介するプラグイン。このプラグインを使うと、見ている記事が属しているカテゴリーで使われているタグに限定することができるのです。

同じカテゴリーに限定できるタグ プラグイン

DynamicCategoryTagCloud をインストールする

今見ている記事が属しているカテゴリーに限定できるプラグインがこちら。「DynamicCategoryTagCloud」です。

DynamicCategoryTagCloud

DynamicCategoryTagCloud

随分、更新されていませんが、この記事を書いている WordPress v5.2 環境でも問題なく使えています。

プラグインのインストール方法の解説は不要かと思いますが、もし分からない場合は、「DynamicCategoryTagCloud」をコピペしてから、こちらの記事をご覧くださいね。

あわせて読みたい記事
どうも、スマコマのコマ太郎です。 今回は WordPress のプラグインのインストール方法を解説しようと思います。 まあ、正直、あ...

投稿ページ専用のウィジェットエリアを用意する

このプラグインの性質上、投稿ページ専用のウィジェットエリアがあることが望ましいです。全ページ共通のウィジェットエリアだと、例えばトップページや固定ページの場合、同じカテゴリーという概念が存在しないのでウィジェットの中身がない状態(枠だけ)で表示されてしまいます。

テーマ(テンプレート)によっては投稿ページ専用のウィジェットエリアが用意されていることがあるので、それを使ってください。専用エリアがない場合は、「Content Aware Sidebars」プラグインを使って投稿ページ専用のウィジェットエリアを作成してください。

投稿ページ専用のウィジェットエリアの作成例

content aware sidebars

「Content Aware Sidebars」プラグインの使い方は下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい記事
サイドバーをカスタマイズする
どうも、スマコマのコマ太郎です。 WordPress のサイドバーはウィジェットを利用すれば簡単に変更できるのですが、多くの場合、トップペ...

では、投稿ページ専用のウィジェットエリアが用意されているものとして、先を進めます。

DynamicCategoryTagCloud の使い方

「DynamicCategoryTagCloud」の使い方は簡単です。「DynamicCategoryTagCloud」をインストールするとウィジェットに追加されるので、それを表示したいウィジェットエリアにドラッグ&ドロップで配置し、設定をするだけです。

ウィジェットエリアに配置する

ウィジェットエリアに配置する

では実際に配置してみましょう。WordPress管理メニューから [外観]-[ウィジェット] をクリックしてください。

画面左側にある [利用できるウィジェット] から [ダイナミック タグクラウド] を探し、右側にある配置するウィジェットエリアにドラッグ&ドロップで配置します。上図では、「Content Aware Sidebars」で作成した投稿ページ専用のウィジェットエリアに配置しています。

DynamicCategoryTagCloud の設定

DynamicCategoryTagCloud の設定

次に配置した [ダイナミック タグクラウド] の右にある [▼] をクリックし設定画面を表示させます。

設定は難しくありません。同じカテゴリーのタグのみであれば、[関連範囲] で [現在のカテゴリー] を選ぶだけです。

[タイトル] は、サイドバーに表示されるボックスのタイトルになりますから、自由につけてください。

そのほかの設定は見たままだと思います。[内部リンク先記事のカテゴリーを含む] は、なかなか面白い設定だと思います。

初期の記事数がないときは、タグも少ないのでオンがよいかもしれませんね。ただ記事数が増えてくるとタグが増えるので外した方がいいです。

タグ ボックスのデザインがテーマに合わない?

サイドバーを変更するプラグインでありがちなのが、テーマのデザインが適用されず、デザインが合わない、崩れるという問題です。

折角の機能も見栄えが崩れるのでは、使いにくいですよね。

実は、そんなときに使える「Widget CSS Classes」というプラグインがあるので、それを試してみてください。

詳しくは以下の記事で書きましたが、追加したウィジェットの class にはテーマのスタイルシートが適用されません。そんなときは WordPressに最初から入っているウィジェット(今回なら、タグクラウド)の class名を試してみるといいです。

少なくともサイドバーのタイトルとボックスのデザインは、テーマのデザインになるはずですよ。

あわせて読みたい記事
サイドバーに追加したウィジェットのデザインが合わない
どうも、スマコマのコマ太郎です。 プラグインで追加されたウィジェットを使うとテーマ(テンプレート)のデザインと合わなくて、困っていませんか...

まとめ

今回は、今見ている記事と同じカテゴリーに限定して、タグクラウドをコントロールできるプラグインをご紹介しました。

あまり需要がないかもしれませんが、これはこれで使えます。特に記事の関連性を上げたいというときに役立つはずですよ。このサイトでも使っていますよ。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WordPressのエディタだけバージョンアップ前に戻し、以前のビジュアルエディ...

増えてしまったリビジョンを一括で削除し、最適化できるプラグインWP-Optimi...

XMLサイトマップを作成するプラグイン

WordPressでXMLサイトマップを作成するなら、このプラグインがおすすめ

トップページにカルーセルを配置する

SiteOrigin を使ってカテゴリー単位のカルーセルを配置する

見ている記事と同じカテゴリーの記事一覧をサイドバーに表示できるプラグイン

WordPress を簡単にバックアップして復元できるプラグイン