トップページ、カテゴリー、投稿(記事)ページでサイドバーを変えたい

サイドバーをカスタマイズする

どうも、KoMAです。

WordPress のサイドバーはウィジェットを利用すれば簡単に変更できるのですが、多くの場合、トップページ、カテゴリーページ、アーカイブページ、投稿(記事)ページ、固定ページですべて共通のサイドバーが表示されます。

使っているテーマ(テンプレート)によっては、多少変更ができるのですが、そうでない場合どうすればいいのでしょうか?

実はこれもプラグインを使うことで簡単に解決できます。

これから紹介するプラグインを使うことでトップページ用、カテゴリーページ用、記事ページ用とすべてバラバラにすることも可能ですよ。

サイドバーをカスタマイズできるプラグイン

今回利用するのは「Content Aware Sidebars」プラグインです。

このプラグインを使うことで、投稿タイプやページごとにサイドバーをカスタマイズすることができます。

Content Aware Sidebars をインストールする

まずは「Content Aware Sidebars」プラグインをインストールしてください。

インストール方法がわからないときは、こちらの記事を参考になさってください。

あわせて読みたい記事
どうも、KoMAです。 今回は WordPress のプラグインのインストール方法を解説しようと思います。 まあ、正直、あまり需要は...

Content Aware Sidebars の設定

WordPress管理画面の左メニューにある [Content Aware]-[新規追加] をクリックします。

サイドバーエリアを追加してみる

[ここにタイトルを入力] にわかりやすい名前を入力します。これがサイドバーの名前(ウィジェットエリア名)になります。

続いて投稿タイプを選択します。

・Special Pages(トップページはこれ)
・投稿/Blog
・固定ページ
・カテゴリー
・タグ

などが選択できます。カスタマイズしたい投稿タイプを選択してください。以下、投稿/Blogを選択した場合を例に説明します。

設定の手順2

上図の投稿一覧/ブログページ欄は、記事単位で変更したい場合に利用します。その投稿タイプすべてに適用するなら、空欄のままでOKです。なおトップページのサイドバーをカスタムしたい場合は、Special Pages を選択し、この欄でフロントページを選択してください。

設定の手順3

続いて [操作]タブをクリックして移動。ここで既存のサイドバーを置換するか、結合するかを設定します。結合する場合、上部に結合するか下部に結合するか選択できます。

基本的な設定は以上です。右側にある [保存] をクリックして保存します。

ウィジェットで各サイドバーをカスタムする

[外観]-[ウィジェット] を開きます。「Content Aware Sidebars」プラグインで追加したウィジェットエリアには水色バーが付きます。

ウィジェットを追加する

あとは通常のウィジェットの追加手順で、ウィジェットを追加してください。これでサイドバーを各投稿タイプごとに変更することができます。

追加方法がわからないときは、こちらの記事を参考になさってください。

あわせて読みたい記事
WordPressのウィジェットとは?
どうも、KoMAです。 今日は WordPress のウィジェットについて解説してみようと思います。 人によってはウィジェットという...

まとめ

基本はサイドバーのカスタム用ですが、テーマによってはウィジェットエリアにフッターがあるものがあります。

この場合、フッターも投稿タイプごとにカスタマイズすることができますよ。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

HTMLサイトマップを用意してみよう

HTMLサイトマップを生成できるキャッシュ機能付きプラグイン

All In One WP Security

Securityプラグインを入れてセキュリティ対策(初心者向け)

カテゴリーの順番を手軽に並び替えたいなら、このプラグイン

WordPressのエディタをバージョンアップ前に戻すプラグイン

ユーザー名を偽装する

ログイン ユーザー名をセキュリティ向上のため隠すには?

XMLサイトマップを作成するプラグイン

WordPressでXMLサイトマップを作成するなら、このプラグイン