XREAサーバーにドメインを追加する手順 (新コントロールパネルVer.)

XREAサーバーにドメインを追加する手順

どうも、スマコマのコマ太郎です。元気もりもり

今回もバリュードメイン+XREAサーバーの設定シリーズです。前回までにバリュードメインでドメインを取り、ネームサーバーの設定を行いました。(前回の記事「バリュードメインで取得したドメインのネームサーバーとDNSの設定方法を画像付きで解説」)

今回はXREAサーバー側の設定手順を解説しますね。

XREAサーバーの設定を行う

続いてウェブサーバー側の設定を行います。

メニューからXREAサーバーへ移動

XREAサーバーへ移動

左にあるメニューから [サーバー]-[XREA] をクリックします。

※上図はドメインの設定が完了した流れで説明していますが、バリュードメインにログインし、右上に表示される [コンパネ] をクリックすると同じメニュー画面が表示されますよ。

XREAサーバーの一覧

XREAサーバーの一覧

ドメインを追加する XREAサーバーの [新コントロールパネル] をクリックします。

XREAサーバーにドメインを追加する

XREAサーバーTOPページ

ドメインメニュー

左にあるメニューの [ドメイン設定] をクリックします。

ドメイン設定

ドメイン設定る

右にある [ドメイン設定の新規追加] をクリックします。

ドメインを追加する

ドメインを追加する

ドメイン名に、追加するドメイン名を入力します。

例)smakoma.com または www.smakoma.com

ポイント)他のレンタルサーバーでは、smakoma.com を追加すると自動的に www.smakoma.com も追加されますが XREAサーバーでは両方を手動で設定する必要があります。

オプションの [Aレコードのチェックを行う] をオンにすることで、DNSの設定が正しいかチェックすることができます。ただしネームサーバーの設定は反映されるのに多少の時間を要しますが、経験的に30分程度で反映されます。

設定が完了したら [ドメイン設定を新規作成する] をクリックし作成を実行します。

ドメイン設定のエラー

ドメイン設定でエラー

ネームサーバーの設定が反映される前、または設定が間違っていると上図のエラーとなります。

エラー内容
ドメイン設定の新規作成に失敗しました。
IPアドレスを当サーバに向けて下さい。

このエラーが表示された場合、時間を空けて再度実行するか、急いで設定をしたいなら先ほどのオプションをオフにすることで先に進めることもできます。

ただ慣れないうちはオプションはオンで進めることをおすすめします。時間を空けても改善しない場合、ネームサーバーの設定が間違っています。設定を確認してください。

以上でドメインの追加が完了しました。なお XREAサーバーでは wwwあり、なしバージョンは手動で両方を追加する必要があります。今、smakoma.com(例) を追加したなら、同様の操作を行い www.smakoma.com も追加してください。

サイト設定を追加する

サイト設定メニュー

サイト設定メニュー

続いてサイトの割り当てを行います。左にあるメニュー [サイト設定] をクリックします。

サイト設定を追加する

サイト設定を追加する

右にある [サイト設定の新規追加]ボタンをクリックします。

サイト設定の設定内容

サイト設定の内容
ドメイン名 リストから選択します。(追加したドメインが表示されます)
転送設定 別のURLに転送した場合に使います。通常は、空で OK です。
同期設定 別のサイト設定と同期するかの設定です。通常は、[しない] を選びます。
IPアドレス そのまま
SSL SSLの設定をするか、しないかの設定です。SSL化が標準化されてきているので [無料SSL] を選びたいところですが、SSLの設定は証明書を追加すれば終わりではありません。中途半端に設定すると困ったことが起きるので最初は [しない] を選択することをおすすめします。SSL化は実際に設定するときに一連の流れで変更しましょう。
PHP PHPのバージョンを選択します。WordPress やプラグイン、テーマに左右される部分で、バージョン7以上を選択したいところです。php70 は、php7.0 という意味です。実際使ってみてエラーが出るようならバージョンを下げて対応します。
オプション Aレコードのチェックを行うは、オンのままで OK です。

入力が完了したら、画面下部にある [サイト設定を新規設定する] をクリックして完了させます。これでドメインと公開フォルダ(ディレクトリ)の紐漬けが完了します。

なお、wwwあり、なしバージョンは、サイト設定でも両方追加することをおすすめします。

また最終的にどちら(wwwあり、なし)を使うかは決めておきましょう。

例えば、公開URLを http://smakoma.com/ とするなら、http://www.smakoma.com/ は、http://smakoma.com/ へ転送をかけます。こうすることで、誤って wwwありバージョンにアクセスしてきたユーザーを正しいURLに転送させることができます。

なお転送の設定ですが、2つの方法があります。1つは先ほどのサイト設定の中にあった転送設定で設定してしまう方法です。こちらは簡単ですが、302転送(一時的な転送)扱いとなり検索エンジン対策としては微妙です。おすすめは、.htaccessファイルを使って301転送(恒久的な転送)をかける方法です。その方法は別記事を用意しますね。

XREAサーバーの設定のまとめ

これでXREAサーバーにドメインを追加することができました。

HTMLサイトを運営するなら、これで設定は完了です。あとはFTPソフトを使ってHTMLファイルをアップロードすればサイトを公開することができます。

WordPress の場合、まだインストール作業が残っています。↓↓

あわせて読みたい記事
XREAサーバーにWordPressをインストールする手順
どうも、スマコマのコマ太郎です。 前回までにバリュードメインでドメインを取り、ドメイン周りの設定方法をご紹介してきました。前回の記事はこち...

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レンタルサーバーとは?

XREAサーバーにWordPressをインストールする手順

XREAサーバーにWordPressをインストールする手順を画像付きで紹介

バリュードメインでドメインを取る手順

バリュードメインでドメインを取る手順を画像付きで解説するよ

XREAサーバーを借りる

XREAサーバーのアカウントを取得し、無料サーバーを借りる。ついでに有料プランへ...

初心者がブログを始めるなら、安いレンタルサーバーで始めたいよね

無料のレンタルサーバーと有料のレンタルサーバーの違い

無料のレンタルサーバーと有料のレンタルーサーバーの違いは、どこにあるのか?