バリュードメインで取得したドメインのネームサーバーとDNSの設定方法を画像付きで解説

バリュードメイン+XREAでのドメインの設定手順

どうも、スマコマのコマ太郎です。元気もりもり

さて、今回も前回の続きです。前回までにドメインを取ってXREAでレンタルサーバーを借りるところまで解説しました。前回の記事はこちら(XREAサーバーのアカウントを取得し、無料サーバーを借りる。ついでに有料プランへの変更も解説

今回は新しく取得したドメインのネームサーバーの割り当てとDNSレコードを設定する手順を解説しますね。

ドメインのネームサーバー(DNS)の設定

取得したドメインをどのサーバーで利用するのかの設定を行います。それぞれの意味を理解しておくとトラブルのときや応用が効くので、ついつい語りたくなっちゃいますが、この記事は手順通りにやればできるを目的に進めますね。

ネームサーバーの設定

ではまずバリュードメインにアクセスし、トップページを開いてください。以下のリンクからどうぞ。

バリュードメイン

バリュードメインTOPページ

バリュードメインTOPページ

ログインしていれば、右上に [コンパネ] が表示されているのでクリックします。コンパネではなく[ログイン]となっているなら、ログインした上で [コンパネ] をクリックしてください。

ドメインを検索、または一覧

ドメインを検索する

左にあるメニューの [ドメイン] にマウスカーソルを置くと、さらにメニューが展開されます。[ドメインの設定操作] をクリックするか、[検索窓] にこれから設定するドメイン名の一部を入力して検索します。

手持ちのドメインが少ないときは [ドメインの設定操作] から一覧を表示させるほうが楽ですね。ぼくは持っているドメインが多いので、検索窓から検索して絞り込みをかけています。

ドメインのメニュー

ドメインのメニュー

操作するドメインに間違いがないか確認し、[ネームサーバー]ボタンをクリックします。

ネームサーバーを選択、設定する

ネームサーバーを選択、設定する

ここでドメインを管理するネームサーバーを割り当てます。ここでは画面下にある [当サービス内のネームサーバー(ns11~13.value-domain.com)を利用する] をクリックします。するとネームサーバーの一覧に自動入力されます。

なおネームサーバーとして2グループ(ns1-5 と ns11-13)があります。どちらを利用しても問題はありませんが、ns1-5 のグループは他社で取得したドメインでも利用できるため利用者が多いです。その分、サーバーも5つあるのですが。

ns11-13 のグループは、バリュードメインで取得したドメインでのみ利用でき、そのため利用者が限定的です。しかもバリュードメイン ユーザーであってもネームサーバーの台数が多く、上図の通り上に表示され、かつ番号としても違和感のない ns1-5 の方が良いと思って選ぶ人も多いことでしょう。

その点からもあえて台数の少ない ns11-13 を選ぶのは吉かなと個人的に思っています。一応digコマンドを使って応答性をチェックをしてみたのですが、明確な違いはなかったです。気持ち早いくらいでした(笑) 数字上は3倍近く違いましたが100分の1秒の世界の話なので・・・しかも単発の確認なので証明にはならないですしね。個人的な感想ですw

少し話が逸れましたがネームサーバーの一覧に ns11~13.value-domain.com の名前が入っていることを確認し、[保存] をクリックしてください。

この記事ではXREAサーバーを使う場合を想定して解説していますが、もし他社レンタルサーバーを利用するなら、そのサーバー会社から割り当てられたネームサーバー名をここに入力すればOKです。他社サーバーを利用する場合、これ以下の設定は不要です。

DNS(Aレコード)の設定

バリュードメイン+XREAサーバーの場合、DNSレコードを設定する必要があります。他社のサーバーの場合、ウェブサーバー側の設定をすると自動でDNSのAレコードが登録されるので、慣れている人ほど忘れがちかもね。

でも手動には手動の良さがあって、レコード情報をカスタムできちゃう。ウェブサーバーとメールサーバーを分けたり、サブドメイン単位でサーバーを分けたり、DNSラウンドロビンで負荷分散させたりとかできるので重宝しています。

と、それは高度な設定の話で、今回は素直にウェブサーバーの設定を行うだけ。

ドメインのメニュー

ドメインのメニュー

では再度、ドメインのメニュー画面に戻ります。ブラウザの戻るボタンを2回、3回実行すると上図の画面に戻れます(ゆっくり押してね。連続でクリックすると戻りすぎちゃいます)。上手く戻れない場合は、バリュードメインのトップページに戻り、[ドメイン]-[ドメインの設定操作]、または [検索窓] から検索して操作するドメインのメニューを表示させます。

今度は [DNS/URL] をクリックします。

DNSの設定画面

DNSの設定画面

画像の位置にある [当サービス内サーバーの自動DNS設定] のリストボックスをクリックして一覧を表示させます。

ウェブサーバーの一覧

ウェブサーバーの一覧

リストから、あなたが借りたXREAサーバーを選択します。数が多いので間違えないようにしてください。XREAサーバーはリストの後半にあるので、一旦一番下までスクロールして探した方が楽ですよ。

※頭の数字だけを見ていると間違えやすいです。特に COREサーバーと XREAサーバーは数字が被っているので注意してください。

借りたサーバー名が分からないときは、登録時に送られてきたメールを確認してください。

登録時に送られてくるメール

登録時に送られてくるメール

メール内にあるFTPサーバーの欄にサーバー名が記載されています。

ウェブサーバーを選択した後

ウェブサーバーを選択した後

リストからウェブサーバーを選択すると、上部の枠にウェブサーバーのレコード情報が自動入力されます。ここで再度、選択したサーバー名に間違いないないか確認しておくとよいです。

ウェブページがいつまで経っても表示されないトラブルの原因は、たいていこの辺の割り当てミスによるものです。

問題がなければ、下部にある [保存] をクリックします。これでDNSの設定は完了です。

ドメインのネームサーバーとDNSの設定方法のまとめ

難しいところがあったかもしれませんが、一度設定してしまえば、もう変更することもないものです。

ですから間違えないように丁寧に手順通り設定してみてくださいね。

次は借りたXREAサーバー側の設定ですよ。↓↓

あわせて読みたい記事
XREAサーバーにドメインを追加する手順
どうも、スマコマのコマ太郎です。 今回もバリュードメイン+XREAサーバーの設定シリーズです。前回までにバリュードメインでドメインを取り、...

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

無料ブログを使うメリットとデメリット。注意したい点とは?

ホームページを作るなら表示の早いレンタルサーバーがいい!それはどこ?

XREAサーバーを借りる

XREAサーバーのアカウントを取得し、無料サーバーを借りる。ついでに有料プランへ...

XREAサーバーにドメインを追加する手順

XREAサーバーにドメインを追加する手順 (新コントロールパネルVer.)

無料で使えるレンタルサーバー

無料で使えるレンタルサーバーの一覧。おすすめはXREAだね

バリュードメインでドメインを取る手順

バリュードメインでドメインを取る手順を画像付きで解説するよ