サーチコンソールでnoindexタグのエラーが発生したときの対処法

どうも、スマコマのコマ太郎です。元気もりもり

今回はグーグル サーチコンソールのエラーの中で比較的、多く見かけるインデックス カバレッジの noindexタグ問題について答えてみようと思います。

まずは最近のエラー表示(メール版)

Search Console により、貴サイトに影響するカバレッジの新たな問題が 1 件検出されました。

主なエラー(最大 5 件)

エラーによって、ページが Google 検索結果に表示されなくなる可能性がございます。貴サイトでは、以下のエラーが検出されました。

・送信された URL に noindex タグが追加されています

こちらは旧サーチコンソールに表示されたメッセージ

「対象範囲」の問題が新たに 検出されました

Search Console により、貴サイトに影響する「対象範囲」関連の問題が新たに 1 件検出されました。 「対象範囲」は Google 検索結果で悪影響を受ける可能性がございます。 この問題をご確認のうえ、修正することをご検討ください。

新たに検出された問題:
送信された URL に noindex タグが追加されています

さらに以前のエラーメッセージ

「インデックス カバレッジ」の問題が新たに 検出されました

Search Console により、貴サイトに影響する「インデックス カバレッジ」関連の問題が新たに 1 件検出されました。 「インデックス カバレッジ」は Google 検索結果で悪影響を受ける可能性がございます。 この問題をご確認のうえ、修正することをご検討ください。

新たに検出された問題:
送信された URL に noindex タグが追加されています

これ、エラーの説明の中に書かれている通り、意味はそのまま。noindexタグが入ってますよというエラーです。

ちなみに noindexタグというのは、検索エンジンに「このページは登録しないでね」を伝えるタグですね。

ただ、ここで勘違いして欲しくないのは、別に noindexタグを使ってはダメだという意味ではないことです。

サーチコンソールが問題視しているのは、送信したサイトマップファイルに noindexタグが入っているページが含まれていることなのです。

グーグルからしてみれば、サイトマップに従ってクローラーを行かせたら、門前払いされた。どうなってるんだ!ゴラァってことですね。

なので、サイトマップの設定を見直して、noindexタグが入っているページは送信しないようにしないとダメなのです。

テンプレートによっては、プライバシーポリシーページが用意されていて、それに noindex が入っていることも増えてきました。それが引っかかるのです・・・

どのページがnoindexエラーの原因なのか探す

探し方は簡単です。グーグル サーチコンソールにログインして、左側にあるメニューからカバレッジをクリックして開きます。

サーチコンソール カバレッジ画面

サーチコンソールのカバレッジエラー

エラー名「送信された URL に noindex タグが追加されています」をクリックします。

カバレッジエラーが起きているファイル

カバレッジエラーが起きているファイル

noindexタグが追加されているファイル名が表示されています。このファイルが送信したサイトマップに記載されているが noindexタグが入っているのでエラーになっているのです。

解決するには、このファイルを送信したサイトマップから除外するか、noindexタグを外すかどちらかの操作が必要ということです。

サイトマップの設定を見直す

さて。じゃあ、どこで設定するのということですが、それは使っているサイトマッププラグインによって異なります。

ここでは、一般的によく使われる「Google XML Sitemaps」プラグインを例に説明していきます。

まず、Wordpress にログインし、[設定]-[XML-sitemap] を開きます。

Google XML Sitemapsの設定

Google XML Sitemapsの設定1

↑ 「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外しましょう。このファイルに noindex が設定されており、ここにチェックが入っていると先のエラーが発生します。

Google XML Sitemapsの設定でカテゴリーとタグを許可

Google XML Sitemapsの設定でカテゴリーとタグを許可

↑ これはエラーには関係ありませんが、カテゴリーとタグはサイトマップに含めることをおすすめします。特にタグはページ数が多くなりやすいため、クローラーの発見が遅れやすいです。なのでサイトマップで送ってあげると良いです。

Google XML Sitemapsでnoindexエラーを回避する部分

Google XML Sitemapsでnoindexエラーを回避する部分

↑ ここでサイトマップに含めない投稿、固定ページを指定します。指定するには、POST ID を知る必要があります。

WordPressでPostIDを知る方法

WordpressでPostIDを知る方法

投稿、または固定ページの編集画面を出し、そのときのURLを見てください。上の図にある通り、post=xx の xx の部分が ID になってます。

この数字を確認して、Google XML Sitemaps の設定でページを除外するようにしてください。

これで完了です。

カバレッジエラーを修正したことを通知する

カバレッジエラーを修正したことを通知する

特にサーチコンソール側で操作は必須ではありませんが、修正済みボタンから知らせておくと、なおよしです。

「noindex タグによって除外されました」エラーのまとめ

サーチコンソールを利用するには、XMLサイトマップはほぼ必須なのですが、「Google XML Sitemaps」プラグインを使っている人は、必ずこのエラーに遭遇するはずです。

なぜデフォルトで、あのオプションがオンなのか不思議でなりませんが、この記事で紹介したように操作すれば問題は解決できますよ。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WordPress のドメイン名を簡単に変更する方法(ドメイン載せ替え)

HTTPヘッダー情報を確認する方法

Google Chrome でHTTPヘッダー情報を確認する方法

ページの表示が更新されないときはスーパーリロードする

ページが更新されないときは、スーパーリロード(強制更新)を試してみて

新しいサーチコンソールで順位を表示させる方法は?

新しいサーチコンソールでfetch as google

新Search Consoleでインデックス登録をリクエストするには?

検索クエリで表示されたURLを調べる方法

検索クエリで表示されたURLとデバイスごとのデータを一括で調べる方法もあった