WordPress を新規インストールしてドメイン名を変更する方法

どうも、KoMAです。

WordPress のドメインを変更する記事を書いたところ、長くなったので2つに分けました。

前の記事で、WordPress のドメインを変更する方法として次のような2つのパターンがあると書きましたね。

  1. 1つのFTPアカウントで、すべてのドメインのフォルダが見られるレンタルサーバー(XREA、ロリポップ、さくらなど)
  2. ドメインごとにFTPアカウントが割り当てられるレンタルサーバー(LEO、CPIなど)

こちらは2番目の「ドメインごとにFTPアカウントが割り当てられるレンタルサーバー」の場合について書いていきます。1つのFTPアカウントでマルチドメインのフォルダにアクセスできないタイプのサーバーの場合です。

この場合、WordPress を新規にセットアップしてデータを復元し、リプレースツールでドメイン名を変更するという手順を取ります。

なお上記1番目についてはこちらをご覧ください。

あわせて読みたい記事
どうも、KoMAです。 今日は WordPress のドメインの変更方法をご紹介します。 WordPress にはドメインの設定箇所...

ドメインごとにFTPアカウントが割り当てられるレンタルサーバーの場合

このケースでの手順は次のとおりです。

  1. ドメインのネームサーバーを設定する
  2. レンタルサーバーにドメインを追加する
  3. WordPress のバックアップを取る
  4. 新しいドメインに WordPress をインストールする
  5. 旧WordPress のバックアップデータを復元する
  6. スクリプト「Search-Replace-DB-master」をダウンロードし、FTPソフトでアップロードする
  7. 「Search-Replace-DB-master」でデータベースを書き換える
  8. 「Search-Replace-DB-master」を削除する

1.ドメインのネームサーバーを設定する
2.レンタルサーバーにドメインを追加する

これはドメインのレジストラ、レンタルサーバーによって操作が違うので、それぞれに従って操作してください。

3.WordPress のバックアップを取る

「All-in-One WP Migration」プラグインを使って WordPress をバックアップする方法はこちらをご覧ください。

あわせて読みたい記事
どうも、KoMAです。 今日は WordPress のバックアップと復元方法をご紹介します。 普段、あまり取らないバックアップですが...

4.新しいドメインに WordPress をインストールする

新しいドメインに WordPress を新規インストールしてください。この WordPress は仮のものなのでタイトルやユーザーは適当で構いません。

バックアップを復元すれば、それらは上書きされ消えます。

5.旧WordPress のバックアップデータを復元する

「All-in-One WP Migration」プラグインで作成した WordPress のデータを復元します。

「All-in-One WP Migration」をインストールする

WordPressの管理画面にある [プラグイン]-[新規追加] をクリックし、右上にある検索枠に「all in one wp migration」(← コピペしてね)と入力します。↓

↑ 検索結果に表示された「All-in-One WP Migration」の [今すぐインストールする]ボタンをクリックする

「All-in-One WP Migration」で、バックアップを復元する

[All-in-One WP Migration]-[インポート] をクリック。さらに [インポート元]-[ファイル] をクリックし、バックアップファイルを選択して実行すれば作業は完了です。

この操作が完了すると一時的に WordPress にアクセスできなくなりますが、気にしないでください。

6.スクリプト「Search-Replace-DB-master」をダウンロードし、FTPソフトでアップロードする

WordPress のデータベースを書き換えるのに必要になる、「Search-Replace-DB-master」を以下のサイトからダウンロードしてください。

https://interconnectit.com/products/search-and-replace-for-wordpress-databases/

ZIPファイルをダウンロードしたら、それを解凍してください。

ファイルを解凍すると、「Search-Replace-DB-master」というフォルダがあります。

このフォルダごと、FTPソフトを使って WordPress 本体が入っている場所にアップロードします。(新しいドメイン側)

7.「Search-Replace-DB-master」でデータベースを書き換える

ブラウザを立ち上げ、

http://new.com(あなたのドメイン)/Search-Replace-DB-master/

にアクセスします。(SSL化しているなら、https:// で)

そうすると下記のようなページが表示されます。もし表示されないなら、まだドメインの設定が反映されていません。しばらく時間を空けてから作業をしてください。(反映されるのに、通常30分から2時間程度かかります)

表示されたら、search/replace の replace欄(左)に古いドメイン名を入力し、with欄(右)に新しいドメイン名を入力します。

このとき注意したいのが、wwwあり・なしです。

www.old.com で運用していて、www.new.com に変更したいなら、
replace欄:www.old.com
with欄:www.new.com
になります。

www.old.com で運用していて、new.com に変更したいなら、
replace欄:www.old.com
with欄:new.com
という具合です。

databese は、WordPress本体があるところにアップロード出来ていれば、自動で挿入されますのでいじる必要はありません。

tables は、1ドメイン1データベースで使っている人は、そのまま all tables で構いません。1データベースに複数の WordPress を入れている人は、select tables を選択し、対象のテーブルすべてを選択してください。どのテーブルか忘れた場合、wp-config.php を開くと $table_prefix に接辞語の記載があり確認することができます。(この意味が分からない人は、1ドメイン1データベースになっているはずです)

ここまで入力が出来たら、[dry run]ボタンをクリックします。(テスト実行)

Cells changed行に0以外の数字が出てきたら、replace欄に入れた文字に間違いがないことが分かります。通常、wp_options、wp_postsあたりが書き換えの対象になります。

もし Cells changed がすべて 0 なら、検索文字列が間違っているか、検索しているテーブルが間違っています。

では、間違いがないことが確認できたら、本番です。[Live Run] をクリックして実行してください。

しばらくするとデータの書き換えが完了します。

では新しいドメインでサイトが表示されるか確認してみましょう。表示されても、もう1つ作業が残っていますので続きを必ず読んでくださいね。

8.「Search-Replace-DB-master」を削除する

「Search-Replace-DB-master」をそのまま残すとデータを書き換えられ、WordPressを乗っ取られてしまいます。

必ず削除してください。

まず、「Search-Replace-DB-master」の画面の下にある [delete me] をクリックしてください。

これでこのツールが削除されるらしいです。が、ぼくは削除された試しがありません(笑)

必ずFTPソフトを使って、「Search-Replace-DB-master」が無くなっているか確認してください。たぶんあるので、「Search-Replace-DB-master」フォルダごと削除してください。

これで作業は完了です。お疲れ様でした。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WordPress のドメイン名を簡単に変更する方法(ドメイン載せ替え)

検索クエリで表示されたURLを調べる方法

検索クエリで表示されたURLとデバイスごとのデータを調べる方法もあった

カバレッジでfeedがインデックス未登録に

サチコのカバレッジでfeedがインデックス未登録として大量に出現

サーチコンソールで順位を表示させる方法

HTTPヘッダー情報を確認する方法

Google Chrome でHTTPヘッダー情報を確認する方法

検索クエリを1000件を越えた部分も含めて調べる方法

自サイトの検索クエリを1000件を越えた部分も含めて調べる方法