範囲指定してスクリーンショットが作れるWindows標準ソフト

どうも、スマコマのコマ太郎です。元気もりもり

ウェブページを作っていて、操作画面のスクリーンショットを撮りたいことってありませんか?

キーボードには、プリントスクリーンボタンがあるので、それを使ってスクリーンショットを撮ることはできます。

でも、それだと見ている画面全体か、アクティブなウィンドウのどちらかしか選べません。

ですからピンポイントなスクリーンショットが欲しいなら、加工する必要があります。

でも実は Windows の基本機能で自由に枠を選択してスクリーンショットを作成できるんですよ。

便利な Snipping Tool

Windows には隠れたソフトが入っているのをご存知でしょうか?

その1つが Snipping Tool です。このソフトを使えば、スクリーンショットを撮りたいエリアをドラッグして枠で囲って(範囲指定)マウスのボタンを離せば、その部分のスクリーンショットを撮ることができるんです。Snipping Toolは、Windows7,8,10 いずれにも入っています。

範囲指定ができる

範囲指定ができる

このサイトでは説明用にスクリーンショットを多用しているので、めちゃくちゃ重宝しています。

Snipping Tool

Snipping Tool

こちらが作成したスクリーンショットの画面で、このツールにペンツールもあるので、矢印を追加したりもできるのです。

さらに加工したければ、コピーボタンをクリックすれば、クリップボードにコピーが作成されるので、他のペイントソフトに貼りつけるのも楽々ですよ。

Snipping Tool の呼び出し方

Snipping Tool はスタートメニューに登録されていないので、検索ボックスに Snipping Tool と入力して検索してください。

Snipping Tool を呼び出す

Snipping Tool を呼び出す

ぼくは頻繁に使うので、ショートカットを作成してタスクバーに追加して使っています。

タスクバーに追加しておくと便利

タスクバーに追加しておくと便利

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

余白をコントロールして分かりやすくする

文章と対応する画像が分かりにくかったのでCSSで余白を調整してみた

クリックすると大きなサイズの画像を表示する

画像をクリックすると大きなサイズの画像を表示する設定

ウェブサイトの色(RGB値)をワンクリックで調べる無料ツール

画像をポップアップ表示させるプラグイン

画像をクリックするとポップアップさせ、閉じるボタンも表示するプラグイン

リンク色を青、アンダーバー付きに変更する方法

ダサいページは、もう作りたくない!なら色数と原色に気を使いなさい